コンパニオンプランツって?一緒に植えるのにおすすめの野菜を調査(春・夏)

家庭菜園をするなら知っておくべきコンパニオンプランツ。

頑張って育てていても枯れだしたり、虫にやられてしまったりするのは困りますよね。

今回はプランターでも畑でも一緒に植えるのにおすすめな春夏野菜のコンパニオンプランツについてお伝えしていきます!

ぜひ苗を植える前の参考にしてくださいね!

目次

コンパニオンプランツって何?

そもそもコンパニオンプランツって何?と思っていらっしゃる方も多いかと思います。

コンパニオンプランツとは別名:共栄作物、共存作物と言われるもの

野菜同士にも相性があるように、一緒に植えることで互いに効果を発揮しながら生長できる植物の組み合わせのことを言います。

この組み合わせを知っておくとこんないいことがあります!

  • おいしい野菜が育つ
  • 野菜の収穫率がアップする
  • 手間をかけずに虫よけや病気の対策ができる

家庭菜園がスムーズに行えるようになりますので是非取り入れておきましょう。

コンパニオンプランツの組み合わせで得られる効果

コンパニオンプランツの組み合わせで得られる効果について具体的にお伝えしていきます。

病気にかかりにくくなる

まずは、コンパニオンプランツの組み合わせを活かして植えることで病気にかかりにくいまま生長していくことができます。

例えば、ネギときゅうりについてみていきましょう。

きゅうりはつる割れ病や青枯病、立枯病などの土の中の病原菌による病気にかかりやすい野菜です。

しかし、ネギと一緒に植えることによってネギの根に共生している菌が土の中の病原菌を防いでくれます。

このように土の中の病原菌を寄せ付けなくする野菜を一緒に植えることで病気を予防してくれることがわかっています。

虫よけ対策になる

次に、コンパニオンプランツを組み合わせを活かして植えると虫よけ対策ができます。

コンパニオンプランツの組み合わせでも有名なトマトとバジルがその例です。

虫は香りや色をたどって好みの葉っぱや実を探しますが、バジルの香りはトマトの天敵であるアブラムシには苦手な香りとされています。

虫が寄ってこない分、トマトの実の被害を最低限に抑えることができ収穫量をあげることができるようになります。

生長をアップさせる

コンパニオンプランツの組み合わせを活かして植えることでお互いの生長をアップさせることもできます。

科学的に解明されていないようですが、異なる野菜を植えることで根っこがうまく助け合い伸びて空気を取り込みやすくなってお互いの成長をアップさせてくれるようです。

また、必要とする養分が異なる野菜を一緒に植えることで養分を取りあわずに供給しながら生長させることもできます。

空間をうまく利用できる

コンパニオンプランツの組み合わせを活かして植えることで空間をうまく利用できるようになります。

例えばトウモロコシと枝豆のように背の高い野菜(トウモロコシ)の場所に背の低い野菜(枝豆)を植えることで空間をうまく利用しながら育てることができます。

また、トウモロコシの天敵といわれるアワノメイガが寄り付かなくなるため一緒に植えることで一石二鳥にもなります。

【注意】コンパニオンプランツ相性が悪いとどうなる?組み合わせも

野菜同士の相性が悪いとどうなるのでしょうか?

  • 病気になりやすくなる
  • 実がならなくなる
  • 虫にやられてしまう
  • 結球しなくなる(キャベツや白菜など)

相性が悪いコンパニオンプランツ組み合わせ

春夏野菜の中でもコンパニオンプランツの相性が悪い組み合わせをいくつかピックアップしてみました。

野菜の組み合わせ作用
いちご×ニラ生育不良
インゲン×ジャガイモ生育不良
きゅうり×インゲン虫(センチュウ)が増える
トマト×ジャガイモ病気になりやすい
トマト×ナス生育不良
ピーマン×オクラ生育不良
オクラ×ナス虫(センチュウ)が増える

上記はあくまでも一部です。

うっかり植えてしまった!ということがないように注意されてくださいね。

春夏におすすめ!コンパニオンプランツの組み合わせを紹介

春夏におすすめのコンパニオンプランツの組み合わせを紹介していきます!

【おすすめの春夏野菜】相性のいいコンパニオンプランツ組み合わせ

野菜の組み合わせ
きゅうり×ネギナス×生姜
トマト×バジルピーマン×つるなしインゲン
ジャガイモ×ネギ枝豆×サニーレタス
小松菜×レタスいちご×にんにく
オクラ×ソラマメすいか×トウモロコシ
トウモロコシ×枝豆水菜×ジャガイモ

どの野菜もプランターでできるものばかりですが、コンパニオンプランツの組み合わせを知っておくとより生き生きと育ってくれますよ!

春・夏の家庭菜園はコンパニオンプランツで植えてたくさん収穫しよう!

今回の記事では、春夏のコンパニオンプランツについてお伝えしてきました。

コンパニオンプランツの知識を活かして一緒に植えるだけでよく育ち、収穫量も増え、虫よけにもなる!

ぜひおうちで家庭菜園をする際は参考にしてみてくださいね。

こちらの記事もどうぞ!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアはここから
  • URLをコピーしました!

corologのサイト運営をしているcorocoroです。
くらしや緑に関することを発信しています。
ふたりの子育てに追われてますが、一日のどこかでのんびりゆっくり過ごすのが目標です。

目次