初めての観葉植物にはガジュマルがおすすめ!種類や育て方、剪定方法を紹介

ガジュマルという観葉植物はご存知ですか?

ひとつひとつ個性豊かな幹のフォルムが人気の観葉植物のひとつです。

今回は、初めて観葉植物を育てる方におすすめなガジュマルについてその種類や育て方などをご紹介していきます。

\こんな方におすすめ/

  • 育てやすい観葉植物を探している
  • 初めてでも手間がかからない植物が知りたい
  • おうち時間で始められる趣味が欲しい

ぜひ最後までご覧ください!

目次

ガジュマルって?

ガジュマルはなんとなく南国の植物のイメージを持たれている方が多いかと思います。

しかしそれ以外の情報はなかなか知らない方も多いはず…。

実際に育てている私も知らないことばかり…。

まずはガジュマルのことについて詳しく調べてみました。

植物名:ガジュマル
別名:絞め殺しの木
原産地:沖縄・東南アジア・オーストラリアなどの熱帯から亜熱帯地域
大きさ:卓上サイズ~20m
耐寒性:×
耐暑性:○
耐陰性:○
開花時期:不定期

ガジュマルは屋久島や種子島以南に位置する沖縄などの温かい地域では自生している意外にも身近な植物。

常緑広葉樹の高木で、樹高は20mにもなると言われています。

一般に販売されているガジュマルでも鉢植えで最長2mくらいまでは大きく育てられることもあるそうです。

また、ガジュマルは「幸せをもたらす木」と言われている一方で、別名「絞め殺しの木」とも呼ばれています。

ガジュマルは気根(きこん)という根っこの部分をほかの植物や岩に巻き付けて栄養を吸い取りながら生長します。

巻き付かれてしまった植物は枯れてしまうことからその名がついたそうです。

絞め殺し…ちょっと怖いネーミングですね。。

他の植物を枯らすほど生命力のあるガジュマル。

熱帯や亜熱帯地域の植物のため寒さには弱いものの、暑さと多少の日当たりの悪さでもしっかり育ってくれるため初心者でも育てやすい植物のひとつです。

どんな種類がある?

ガジュマルは世界で約800種、日本では約20種もの種類があります。

卓上に置けるものから大木になるほど大きく育つものまで大きさも様々ですが、特に観葉植物として楽しまれている種類は以下の4つです。

  • ガジュマル(ニンジンガジュマル)
  • センカクガジュマル
  • パンダガジュマル
  • シダレガジュマル(ベンジャミン)

それぞれの特徴について詳しくみていきましょう。

ガジュマル(ニンジンガジュマル)

一般的なガジュマルと言われているものがニンジンガジュマルの品種。

幹がニンジンのような形をしていることからこのように呼ばれているそうです。

個体によってさまざまな樹形が魅力を感じますね。

自分好みの樹形のガジュマルに出会えるとさらに愛着がわきそうです。

わたしが育てているガジュマルもこちらの品種です!

センカクガジュマル

センカクガジュマルは、主に尖閣諸島に自生しているガジュマル。

ニンジンガジュマルよりも小さいものの厚みのある葉と、ほかのガジュマルの品種にはない耐寒性を持っているのが特徴です。

しかし、流通量が少ないためなかなか手に入れることができない希少な品種です。

パンダガジュマル

パンダガジュマルは、かわいらしい丸い葉が特徴の品種です。

1年通して光沢のある濃い緑色の葉を楽しむことができるので、目につきやすいリビングや玄関などに置いておくのがおすすめです。

オウゴンガジュマル

オウゴンガジュマルは、その名の通り黄金色の葉を持つガジュマルです。

日光が当たっているところが黄金色になるため日当たりのいい場所に置いておくことで、その明るい葉を楽しむことができます。

沖縄では道路や公園などにも植えられているポピュラーな品種です。

ガジュマルは精霊が宿る木

沖縄ではガジュマルにはキジムナーと呼ばれている子どもの精霊が宿る木とも言われています。

キジムナーは家に住みつくと裕福になれると言われており、多くの沖縄の人から愛されている植物としても知られています。

精霊の宿る木…大切に育てたくなりますね!

ガジュマルの育て方について

先述した通り、ガジュマルは丈夫で育てやすいことから初心者にもおすすめな観葉植物であることがわかりました。

ガジュマルの育て方についてさらに詳しく解説していきます。

水やりの頻度

ガジュマルの水やりは季節や気温によって変えてあげる必要があるため、【春から秋】と【冬】の二つに分けてお伝えしていきます。

特に冬の時期の水やりは注意しながらあげましょう。

春から秋

高温多湿の環境を好む性質があるので土が乾いたタイミングでたっぷりの水をあげましょう。

夏の暑い時期の水やりは土の中や浸透している水の温度も上昇しやすいため、午前中または夕方以降の涼しい時間帯に行うのがいいでしょう。

ガジュマルを含むほとんどの観葉植物は冬の時期には休眠期と言われる状態になります。

この時期は水を必要としないため、回数を減らして2週間に1度程度の水やりの頻度にしましょう。

目安としては土が乾いてから2~3日経った頃が水やりのタイミングです。

多すぎると根腐れにもなりかねません。

葉がしおれてきたかな?といったサインも見逃すことなくあげるといいでしょう。

葉水

水やりだけでなく、葉水をあげることも重要なお世話のひとつです。

葉の乾燥を防ぐだけでなく、葉の汚れを落としたり、害虫を防いだりとガジュマルが健やかに過ごせる手助けをしてくれます。

水やりのタイミングで葉水も一緒にしてあげましょう。

葉水のやり方…霧吹きのスプレーで葉の表だけでなく裏面や茎まで水をかけます。

葉水に使用する霧吹きのスプレーは、滴ることなく水をかけられるようになるべく細かく出るものがおすすめです。

置き場

ガジュマルは耐陰性を持つ植物のため室内で育てられますが、基本的に日当たりのある場所を好む植物です。

日光のよく当たる部屋に置いておくのがいいとされています。

夏は直射日光が当たると葉焼けしてしまう恐れがあるため、カーテン越しの窓辺に置くのがいいとされています。

また冬は、夜は冷え込む恐れがあるため窓辺からは少し話した位置に置くといいでしょう。

そして、ガジュマルにとっては風通しも重要なポイント。

ガジュマルにとっては苦手な乾燥を防ぐためにエアコンの風が直接当たらない場所に置く必要があります。

肥料のあげ方

ガジュマルは肥料がなくても育てることができますが、より大きくしたい場合は肥料を与えることですくすくと育ってくれます。

肥料をあげるタイミングは冬以外の生長期に液体肥料を適切な濃度に薄めて10日に1回くらいの頻度で与えるのがいいとされています。

肥料を与えすぎると肥料やけを起こしてしまい、葉や根っこにダメージを追ってしまう恐れがありますので注意してくださいね。

高温多湿の環境を好むガジュマルですが、用土は水はけのいい土を選ぶことで根腐れを起こさずに育てることができます。

ガジュマルの剪定はどうしたらいい?

ガジュマルの剪定は生長期の5~7月に行うのがいいとされています。

葉や枝が茂っている部分を剪定することで見た目が良くなるのはもちろん、しっかりと葉や枝に水分や栄養が行き渡り、生長を促すことができます。

剪定時に切ったところから白い樹液が出てくることがあります。

この樹液に触れるとかゆみやかぶれを生じることがありますので、手袋をしたうえで行ってください。

ガジュマルに植え替えは必要?

ガジュマルは定期的に植え替えをしてあげることでさらに生育旺盛に育ってくれます。

以下の症状が見られた際は植え替えのサインです。

  • 鉢底穴から根が見えている
  • 水が流れにくい
  • 葉っぱが黄色になった
  • 元気がないように見える
  • 購入してから2~3年経つ

そのままにしておくと根詰まりによってガジュマルが枯れてしまう恐れも。

一回り大きな鉢と新しい土を用意して植え替えをしてあげましょう。

ガジュマルで起こるトラブル3つ

ガジュマルを育てている際に起こるトラブルについてそれぞれ解説していきます。

ガジュマルの葉が黄色になった

ガジュマルの葉が黄色になった場合は、根詰まりまたは日光不足が原因として考えられます。

根詰まりが原因の場合は植え替え、日光不足が原因の場合は日当たりのいい場所に置いてみることで改善します。

残念ながら一度黄色になってしまったガジュマルの葉は緑色に戻ることはありません。

黄色になった葉は見た目も良くないため切り取ってしまいましょう。

ガジュマルの葉が落ちた

ガジュマルの葉が落ちる原因としては気温が5℃を下回ったことによる寒さや根腐れの二つが考えられます。

特に冬の季節になるとガジュマルの葉が落ちてしまうことがあります。

多少葉が落ちてもガジュマルの生命力が強いため心配する必要はありませんが、暖かい室内で管理しあげると改善します。

また、葉が落ちるだけでなく、幹が柔らかいなどのほかの症状がみられる場合は根腐れが原因かもしれません。

過度な水やりによって根っこが腐っていることがあるため、水やりを一度控えて土を乾かしましょう。

ガジュマルの幹がしわしわ

ガジュマルの幹がしわしわになっている場合、水が足りずに乾燥している可能性があります。

特に気温が下がる時期に多く、水を控えすぎることで起こることがあるようです。

冬場の管理は水やりチェッカーを目安にしながら水やりの量を調節してあげると暖かくなってきたころには復活してくれるでしょう。

ガジュマルを購入するなら【AND PLANTS】がおすすめ!

ガジュマルを購入するなら様々な植物を販売しているAND PLANTSがおすすめです。

植物をネットで購入するのには抵抗がある方も多いかもしれません。

しかし、AND PLANTSでは実店舗で購入するよりも安心なサポートが充実していますよ。

その魅力について詳しく解説していきますね。

【AND PLANTS】の魅力4つ

AND PLANTSの魅力は何といってもこの4つ!

  • 初めての観葉植物でも安心なケアカード付き
  • 専門家による植え替えが無料
  • そのまま飾れるおしゃれでサステナブルな鉢
  • 配送・無料交換サービス付き

ひとつずつお伝えしていきます。

初めての観葉植物でも安心なケアカード付き

出典:AND PLANTS公式

AND PLANTSでは購入した植物に応じてその品種ごとにケアカードを同送してくれます。

水やりや日当たりについて適切に教えてくれるこのケアカードがあれば、観葉植物が初めてで不安に感じている方でも安心して育てられます。

また、カードの裏面は飾っても楽しめるように毎月変わるというこだわりぶりです。

購入する度にどんなデザインが届くのか楽しみになりますね。

専門家による植え替えが無料

AND PLANTSで購入した植物は、専門家の管理の元、経験豊富なスタッフが栄養剤の配合や防虫対策などの品質管理徹底した植え替えを行ったうえで届けてくれます。

そのため、購入後に植え替える必要もなくすぐに部屋に飾って楽しむことができるメリットがあります。

そのまま飾れるおしゃれでサステナブルな鉢

出典:AND PLANTS公式

AND PLANTSで購入したすべての観葉植物には、Ecopotsというおしゃれでサステナブルなプランターに入れて届けてくれます。

Ecopotsは、リサイクルプラスチック80%、ナチュラルストーン20%と、環境に配慮した素材で作られており、植物にやさしいサステナブルなアイテム。

トレンドに左右されずにどの部屋にもなじむその質感や色味は、どの年代の方にも好印象の観葉植物として楽しむことができます。

Ecopotsのメリット
  • 水や紫外線、霜などにも強く、屋内/屋外問わず、植物を育てるのに最適。
  • 海に捨てられたプラスチックなどを利用したリサイクルプラスチック80%、ナチュラルストーン20%と、環境に配慮した素材で作られている。
  • 手仕上げ一つ一つハンドメイドで磨き上げた、美しい仕上り。

AND PLANTSでは、Ecopotsを公式プランターとして販売もしており、鉢のみの購入にも対応しています。

配送・無料交換サービス付き

ネットで購入する際に、実際に植物の状態を見ていないために「好みのシルエットの植物が購入できない」「弱った植物が届くかも」といった不安のある方もいらっしゃるかと思います。

AND PLANTSでは、その不安を解消するためお届け前に植物の写真を送付してくれるので実際にどんな状態の植物が届くのか確認することができます。

また、届いてから14日以内に異常がある場合、無料で同じ品種の植物と取り替えしてくれるサービス付き。

観葉植物を購入する側の不安を解消してくれるサービスがあるのはうれしいポイントです。

ここまでのサービスがあれば自宅でゆっくり悩みながらネットで購入するのもアリですよね!

【AND PLANTS】のガジュマルは3サイズから選べる!

AND PLANTSでは今回ご紹介しているガジュマルを購入することができます。

スクロールできます



商品名ガジュマル Table-SガジュマルSパンダガジュマルTable-S
高さ20〜25cm30〜50cm 15〜20㎝
価格2,980円9,980円2,980円
送料880円送料無料
(北海道・沖縄:2,500円)
880円
詳しくみる詳しくみる詳しくみる
出典:AND PLANTS公式

AND PLANTSのガジュマルは大きさによって価格が変わってくるようです。

購入の際の鉢ももちろんEcopotsのプランターです。

サイズによって変わってきますが、好みのデザインやカラーを選んで購入することができます。

初心者でも育てやすいガジュマルは【AND PLANTS】で手に入れよう!

今回は、初めて観葉植物を育てる方におすすめなガジュマルについてその種類や育て方などをご紹介していきました。

生命力の塊ともいえるほど丈夫なガジュマルは初心者でも育てやすく、精霊が宿っていると言われる魅力のある植物です。

ガジュマルを迎え入れるなら、AND PLANTSがおすすめです。

  • 初めての観葉植物でも安心なケアカード付き
  • 専門家による植え替えが無料
  • そのまま飾れるおしゃれでサステナブルな鉢
  • 配送・無料交換サービス付き

サポートが充実しているので初めての方でもすぐに始められますよ。

ぜひガジュマルを愛でて癒されてみませんか?

AND PLANTSではパーソナル診断で自分にあった観葉植物を選ぶこともできますので気になる方はぜひ上記からクリックしてみてくださいね。

こちらの記事もどうぞ!

くらしと緑のcorolog - にほんブログ村 にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアはここから
  • URLをコピーしました!

corologのサイト運営をしているcorocoroです。
くらしや緑に関することを発信しています。
ふたりの子育てに追われてますが、一日のどこかでのんびりゆっくり過ごすのが目標です。

目次