コンポストのメリットデメリット!種類や注意するポイントを調査

毎日出るゴミを少しでも減らしたいと思ったことはありませんか?

ゴミ捨てに行くのも面倒ですし、地域によってはゴミ袋代がかかってしまいますよね。

そこで今回はゴミを減らせてエコにつながるコンポストについて詳しく調べてみることにしました。

手間がかからないものや便利な機能を備えたものまでいろいろとご紹介していきます!

  • 毎回のゴミ捨てが憂鬱な方
  • 少しでもゴミを減らしたいなと考えている方
  • コンポストが気になっている方

そんな方はぜひ参考にしてみてくださいね。

目次

コンポストって何?

コンポストというワードは近年、地域の活動やイベントなどで目にする機会があるかと思います。

実はコンポストは、400年以上も前の江戸時代から仕組みとして存在していたそうです。

着るものや野菜、畳などの衣食住はすべて植物から成り立っています。

循環するくらしには欠かせなかったコンポストですが、具体的にどんなものなのか詳しく解説していきますね。

コンポスト=堆肥のこと

コンポストとは、元々は堆肥のことをさす言葉です。

堆肥とは野菜を育てる際に必要な土づくりをする【土壌改良剤】と役目を果たすもの。

枯れ葉や野菜や果物のくず、紙などの有機物を微生物の力で発酵分解させて作られます。

しかし近年は、堆肥にするための道具のことをコンポストと呼ぶようになりました。

できあがった堆肥は、土に混ぜ込むことで土の中のpHが安定したり、通気性や排水性が増すので野菜にとってすくすくと育ちやすくなります。

コンポストのメリットデメリットを徹底調査

コンポストにはどんなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

それぞれ調べてみました。

コンポストのデメリットコンポストのメリット
ニオイが気になる
虫が発生することがある
堆肥になるまで時間がかかる
入れていいものと悪いものがある
ごみを減らせる
ごみ袋の消費量が減って節約になる
二酸化炭素の排出を抑えることができる
良質な堆肥によって花や野菜に還元できる
循環型のくらしに近づく

コンポストのデメリット

コンポストのデメリットは以下の4つです。

  • ニオイが気になる
  • 虫が発生することがある
  • 堆肥になるまで時間がかかる
  • 入れていいものと悪いものがある

それぞれ詳しく解説していきます。

ニオイが気になる

コンポストをする上で気になるのは「ニオイ」です。

コンポストは野菜や果物の皮などの有機物を発酵させるためどうしてもニオイが出やすくなってしまいます。

ニオイ自体は堆肥が出来ている過程なので問題はありませんが、いい思いはしませんよね。。

コンポストに入れる前にニオイの元となる水気をしっかりと切る、またはある程度乾燥させてからコンポストに入れるといった対処法で改善することがあります。

虫が発生することがある

次にコンポストに入っている生ごみにつられて虫(コバエやウジ虫)が発生してしまうことも。

虫が湧くと聞いただけでぞわっとしてしまいますよね。

しかしながら、必ずしもコンポストに虫が湧くわけではありません。

虫がわかないためには虫の侵入を防いで密閉のできるコンポストを選ぶことが重要です。

コンポストに虫の侵入さえなければ虫がわくことはありませんので、虫の発生を防ぐためにもは密閉できるコンポストを選ぶことは重要になります。

堆肥になるまで時間がかかる

枯れ葉や野菜や果物のくず、紙などの有機物をコンポストに入れて堆肥になるまでは早くて2週間、遅くて6か月はかかることがあります。

コンポストの種類や生ごみとして入れたもの、季節にもよりますが堆肥自体がゆっくりと発酵して出来上がるものなのでどうしても時間はかかってしまいやすいです。

対処法として一度に少量ずつ入れるようにすることでスムーズな発酵が出来ます。

入れていいものと悪いものがある

コンポストには入れていいものと悪いものがあります。

基本的に有機物になるものは入れても大丈夫ですが、ビニール袋などのプラスチックや添加物のはいったものなどは分解ができないので入れない方がいいでしょう。

後述でコンポストに入れていいものと悪いものを表にしてみました。

コンポストに入れていいもの・入れない方がいいもの
コンポストに入れていいものコンポストに入れない方がいいもの
野菜や果物の皮や種
茶葉やコーヒーかす
ご飯やパンの残り
たまごの殻
枯れ葉や花
油(100㏄~200cc程度)
段ボール(細かく刻む)
プラスチック
貝殻
金属
添加物の入ったもの

分解されにくいもの
刺激物
玉ねぎの皮
乳製品や脂肪分のあるもの
魚や肉の骨
調味料

コンポストに入れるのに悩んだ際はぜひ参考にされてくださいね。

コンポストのメリット

コンポストのメリットは以下の5つです。

  • ごみを減らせる
  • ごみ袋の消費量が減って節約になる
  • 二酸化炭素の排出を抑えることができる
  • 良質な堆肥によって花や野菜に還元できる
  • 循環型のくらしに近づく

それぞれ詳しくみていきましょう。

ごみを減らせる

コンポストを利用すると生ごみの量が格段に減ります。

1日のごみの排出量は一人当たりなんと1キロの計算になるそうです。

そのうちの生ごみの大半は水分を含んでいるため、一般ごみの中でもかなりの重さを占めていることに。

しかし、コンポストに毎日100グラムほどの生ごみを入れていた場合、その分の重さのゴミをも減らせる計算になります。

そのため毎回大変な思いをしてゴミ出ししていたのが少し楽に感じることができるでしょう。

ゴミ袋の消費量が減って節約になる

コンポストにごみを入れることでゴミを出す量が減ります。

また、同時にゴミ袋の使用も減らせるのでその分ビニール袋を買わずに済んで節約にもなりますよ。

私が以前住んでいたところはごみ袋が10枚入りで1050円とかなり高額でした。

当時は子どもが生まれたばかりで大量のオムツも捨てていたので週に2回ごみ出ししており、かなりの負担になっていました。

コンポストにすることでごみだけでなくごみ袋も減らせるのはかなりありがたいなと感じました。

二酸化炭素の排出を抑えることができる

コンポストを利用することで二酸化炭素の排出を抑えることもできます。

生ごみは8割が水分のため、焼却するにはかなりの燃料を必要とします。

燃料を多く使い、温室効果ガスも排出してしまうので結果として温暖化や自然災害への影響へとつながっていってしまうことに。

現実とは程遠い話に感じますが、ここ最近の気温の上昇や自然災害の頻発を考えると身近にできることのひとつとしてとらえることもできそうですよね。

良質な堆肥によって花や野菜に還元できる

コンポストをやるうえで一番のメリットは良質な堆肥を作り出せることです。

自分たちが普段捨てていたごみが堆肥として利用できるのは嬉しいですよね。

また、保存料などの添加物も一切使用していないので安心して使えるのも利点です。

普段からガーデニングや家庭菜園をしている方は作っている花や野菜に還元することができます。

また、堆肥ができても利用することがない方は地域やイベントで堆肥を回収しているところも。

ファーマーズ…コンポスト堆肥回収 LFCコンポスト (lfc-compost.jp)

お住まいの地域でも回収されてないかチェックされてみてくださいね。

コンポストの種類6つを紹介

コンポストは大きく6つの種類に分けられます。

コンポストの種類
  • 設置型コンポスト
  • 回転型コンポスト
  • 密閉型コンポスト
  • 段ボール型コンポスト
  • LFCコンポスト
  • みみずコンポスト

それぞれ詳しく説明していきますね。

設置型コンポスト

設置型コンポストは、庭や畑の一部を使って穴を掘り、底のないコンポストを上からかぶせて使用します。

上に蓋がついているのでそこからごみと発酵促進剤を入れていきます。

2~3か月ほど熟成させることで堆肥ができあがります。

設置型コンポストがおすすめな人

  • しっかり場所が取れる方
  • 広めの庭がある方
  • たくさん堆肥を作りたい方

回転型コンポスト

回転型コンポストは、容器にハンドルがついているタイプのコンポストです。

生ごみや落ち葉を入れると定期的にかき混ぜる必要がありますが、ハンドルのおかげでごみを直接触る必要がありません。

大容量のものからベランダにおけるくらいの大きさのものまでいろいろあるので手軽に始められます。

堆肥ができるまでには半年ほどかかることがあります。

回転型コンポストがおすすめな人

  • 手軽に始めたい方
  • 手を汚したくない方
  • ひとり暮らしやマンションに住んでいる方

密閉型コンポスト

密閉型コンポストは、生ごみと発酵促進剤を容器に入れて密閉させて使います。

液体の肥料ができるので容器の下から取り出せるように蛇口がついています。

熟成するまで1か月ほどかかります。

密閉型コンポストがおすすめな人

  • 省スペースでやりたい方
  • 液体肥料が欲しい方
  • 低コストで始めたい方
  • 虫の発生をさせたくない方

段ボール型コンポスト

段ボール型コンポストは、キットや自作でもできる方法のひとつです。

大きさや仕様を自分で決めることができるので自分が使いやすいように作れます。

段ボール型コンポストがおすすめな人

  • コンポストってどんなものなのかひとまずやってみたい方
  • 低コストで始めたい方
  • ごみが堆肥になるまでの過程を見てみたい方

LFCコンポスト

LFCコンポストは、LFCという会社が販売しているバック型のコンポストです。

国産ペットボトルや廃プラの独自のリサイクル生地のバックにごみとコンポスト基材を入れて堆肥にします。

定期購入もあるので必要なものは全部揃えてくれる便利なコースもありますよ。

LFCコンポストがおすすめな人

  • 手軽に始めてみたい方
  • 省スペースで始めたい方
  • おしゃれな見た目がいい方
  • ひとり暮らしやマンションに住んでいる方

こちらはふるさと納税での商品のご紹介です

みみずコンポスト

みみずコンポストは、コンポストの土の中にみみずを入れることで分解を速めてくれる機能を持ったコンポストです。

みみずがいる畑は土壌環境が優れているという判断ができるほど能力の高い虫です。

みみずによってごみを細かくしてくれ、それを微生物が分解して堆肥にしてくれます。

みみずコンポストがおすすめな人

  • 生き物(みみず)が大丈夫な方
  • お世話がしっかりとできる方
  • 子どもと一緒にやれる方

コンポストを設置する前の注意点3つ

コンポストを設置する前には3つの注意点があります。

  • しっかりと場所を決めておく
  • ニオイやゴキブリ対策をしておく
  • 忘れてはいけない!地域によって助成金の申請ができるかも

それぞれ詳しく解説していきますね。

しっかりと場所を決めておく

まずは、コンポストを設置する前にしっかりと場所を決めておきましょう。

管理しやすい設置場所として、雨風をしのげるところや半日陰の風通しの良いところがおすすめです。

また、コンポストによって大きさは様々です。決めた場所にあった大きさのコンポストを選びましょう。

生活にあった大きさを選ばないと邪魔になったり、面倒に感じやすくなりして続けることが難しくなります。

ニオイやゴキブリ対策をしておく

コンポストを設置する前に、ニオイやゴキブリ対策をしておく必要があります。

ニオイやゴキブリ対策として以下のポイントが重要になります。

  • しっかり密閉できるコンポストを選ぶ
  • 水気の多いものを入れない
  • 毎日かき混ぜる
  • ニオイの出やすい肉や魚は入れない

しっかりと密閉がされていればニオイは漏れることなく、ゴキブリが発生することもありませんので安心されてくださいね。

忘れてはいけない!地域によって助成金の申請ができるかも

コンポストを設置する前に、地域の助成金の申請ができるのか確認しておきましょう。

市町村ではごみの削減を目標に掲げているところも多く、コンポストを設置した家庭に補助金が出ることもあります。

【例:福岡市】

生ごみ堆肥化容器や電動生ごみ処理機を事前予約をして購入した場合、購入金額の半額(生ごみ堆肥化容器は2,500円上限、電動生ごみ処理機は20,000円上限)補助されます。

助成金を行っていない地域や、予算に達し次第受付ができなくなる地域もありますのでお住まいの地域のホームページなどで確認されてくださいね。

気張らなくて大丈夫!ゆるゆるコンポストはじめてみよう

今回は、コンポストについてメリットやデメリット、種類などを詳しく解説してきました。

コンポストのデメリットコンポストのメリット
ニオイが気になる
虫が発生することがある
堆肥になるまで時間がかかる
入れていいものと悪いものがある
ごみを減らせる
ごみ袋の消費量が減って節約になる
二酸化炭素の排出を抑えることができる
良質な堆肥によって花や野菜に還元できる
循環型のくらしに近づく

メリットが多くある中、デメリットについてもしっかりお伝えしてきました。

しかしながら、必ずしもすべてのコンポストにデメリットが起きるわけではありません。

しっかりと対策をしておけば防げることばかりであることもわかりました。

また、コンポストの種類はこちらです。

コンポストの種類
  • 設置型コンポスト
  • 回転型コンポスト
  • 密閉型コンポスト
  • 段ボール型コンポスト
  • LFCコンポスト
  • みみずコンポスト

いろいろな種類があって個性豊かなコンポスト。自分にあったものも選ぶことができそうです。

ぜひこの機会にコンポストのある生活を始めてみませんか?

こちらの記事もどうぞ!


この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアはここから
  • URLをコピーしました!

corologのサイト運営をしているcorocoroです。
くらしや緑に関することを発信しています。
ふたりの子育てに追われてますが、一日のどこかでのんびりゆっくり過ごすのが目標です。

目次